センターの役割

当センターについて

 京都大学の持つシーズ、附属病院の持つニーズとインフラ、産業界が持つシーズとものつくり技術を連動させることで、迅速な医療機器の開発が可能となります。当センターは、京都大学医学部附属病院における医師主導型治験の経験や「医の倫理委員会」などの臨床試験支援体制、産学連携の加速化に向けて整備された知財制度の活用、さらには戦略特区などの活動を通して、これまで日本における医療機器開発の弱点とされてきた臨床研究を迅速かつ適切に推進します。
 特に、医療機器は絶え間ない改良・改善を通して発展するものであることから、その実用化においては探索的な臨床研究が重要となります。当センターでは、医工連携、産官学連携プロジェクトでの医療機器開発を加速するために、開発する機器の特性に適した探索的臨床研究を重点的に実施します。

効果的な成果(イノベーション)が生まれるしくみ

 当センターは、医療ニーズの高い革新的な医療機器を継続して創出する、日本で初めての本格的な産官学連携拠点として設置されました。高度先進医療を先導している京都大学医学部附属病院 先端医療研究開発機構の施設として、医療機器の臨床研究から薬機法申請までをサポートします。京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構などの産学連携組織とも効率的・効果的に連携しつつ、産業界、地方自治体と共同で、革新的な医療機器の創出による医療イノベーションの実現を加速します。

 京都大学医学部附属病院 先端医療機器開発・臨床研究センターでは、2013年10月に、探索医療センター(現在は先端医療研究開発機構に改組)と連携して、医療機器を用いた研究計画書の作成を効率的に行うためのテンプレート(主に、 低リスクの医療機器を用いた探索的臨床研究を単施設で実施するもの)を作成して公開しました。また、京都大学医学部附属病院 臨床研究中核病院整備事業の一環で設置された「医療機器を用いた臨床研究の活性化に関する検討委員会」においては、これを発展させた研究計画書のテンプレートを作成し公開しています。詳しい内容は「医療機器を用いた臨床研究の活性化に関する検討委員会」のWEBサイトをご覧ください。

「医療機器を用いた臨床研究の活性化に関する検討委員会」サイトはこちら

PAGETOP